トランクルームの種類とは

コンテナ型のトランクルーム

トランクルームとは、月額料金を支払って荷物を保管するスペースを借りるサービスのことです。さまざまな理由により収納スペースが足りない人などが利用することが多く、主にコンテナ型と屋内型の2種類に分けられます。
まず、コンテナ型ですが設置や移動の利便性やコストの安さから普及も早かったので、トランクルームといえばこちらを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。通常、コンテナには空調システムが存在しないので、内部の温度や湿度は気候の影響をそのまま受けてしまいます。保管する荷物は高温多湿で劣化するものなどは避けた方が無難でしょう。しかし、料金は屋内型に比べると安いので、工具類やレジャー用品等の高温多湿の環境に影響を受けにくいものなどを保管する場合にはお勧めです。

屋内型のトランクルーム

郊外に多いコンテナ型に比べて、屋内型は都市部に多いトランクルームです。ビルなどの建物の中にあり、設備も整っています。特に空調設備があり、温度や湿度が一定に保たれているのがコンテナ型と違う大きな特徴になります。高温多湿に弱いデリケートなものを保管したいときや、引っ越しなどでとりあえずいろいろなものを保管しておきたいというときに便利です。また、セキュリティーの面でも防犯カメラなどを導入しているところもあるので安心です。ただし、設備が整っている分料金が高めになります。 コンテナ型にも屋内型にもそれぞれメリットとデメリットがあるので、コストや保管したいものなどをよく考えてからトランクルームを選ぶようにしましょう。

© Copyright Self Storage. All Rights Reserved.